カテゴリ:相続の基礎知識 >相続人の廃除

相続人の廃除

 「被相続人に対し、虐待をしたり重大な侮辱を加えたとき、もしくはその著しい非行があったとき」被相続人は生前のうちに家庭裁判所に相続廃除の申立てをし、推定相続人に相続権を失わせることができます。(生前廃除)

家庭裁判所がこの申立てを認めて、初めて相続廃除となり、その対象者は相続権を失うことになります。


※推定相続人の廃除は、被相続人が遺言で指定することもできます。(遺言廃除)
この場合には遺言執行者が被相続人に代わって、家庭裁判所に相続廃除の申立てをします。


※一度廃除された推定相続人は二度と相続できないわけではなく、その推定相続人が更生したときは、家庭裁判所の「排除の取り消し」を請求できます。

(廃除の取り消しは、遺言によってもできます。)


相続人の廃除の手続き

 廃除の手続きは、被相続人の住所地の家庭裁判所に申立てをして行います。
廃除の調停が成立(または審判が確定)すると、廃除者となった相続人は直ちに相続権を失います。

審判が確定(または調停が成立)した後、市町村役場に「推定相続人廃除届」を提出することにより、戸籍の「身分事項」欄には推定相続人から廃除された旨記載されます。