カテゴリ:遺言 >秘密証書遺言

秘密証書遺言

 秘密証書遺言は、遺言者が、本文作成、封入れ、封印までを行います。
そして、その封書に公証人、証人が署名押印するというものなので、遺言の内容は公証人にも、証人にも知られず秘密にできます。


秘密証書遺言の作成方法

<完成までの流れ>

①封印した遺言書を持参し、証人2人と共に公証役場に出向きます。

    ↓

②公証人に提出し、自分の遺言書であることを述べます。

    ↓

③公証人は提出された日付と遺言者の申述を封書に記載します。

    ↓

④遺言者、証人、公証人全員が封書に署名・捺印したら完成です。


<自筆証書遺言の作成は・・>

・自筆でなくても、ワープロや代筆で有効です。
・日付不要です。
・署名・捺印は必ず必要です。
・証書に用いたものと同じ印章で封印します。


秘密証書遺言のメリット・デメリット

<メリット>

○遺言内容を誰にも見られない。
○遺言をしたということが証明される。
○署名以外は、遺言の全文が自筆でなくてもよい。


<デメリット>

○遺言の内容自体は保証されない。
○自分で保管しなくてはならない為、紛失、破棄の可能性がある。
○家庭裁判所で検認手続をしなくてはならない為、すぐに開封することができない。