カテゴリ:相続の手続き >遺言書がでてきたら

遺言書がでてきたら

 出てきた遺言書が、自筆証書遺言秘密証書遺言の場合は、遺言書の封を開ける前に、家庭裁判所にて、検認の手続きをする必要があります。


① 被相続人の住所地を管轄する家庭裁判所に行き、「遺言書の検認申立」をします。
この際の必要書類は・・
・ 申請書(家庭裁判所に備え付けてあります。)
・ 被相続人の出生から他界までの連続した戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本
・ 相続人全員の戸籍謄本(現在のもの)
・ 切手(裁判所によって金額は異なります。)
※ケースによっては、添付書類が違う場合もありますので、家庭裁判所の窓口で、事前に確認しましょう。


② 後日、相続人全員が立ち会って家庭裁判所内で検認手続きを行います。
※検認期日は「検認申立」後に、家庭裁判所から郵送でお知らせがあります。
その書面は相続人全員に郵送されます。検認期日に予定があって、立ち会うことができない相続人がいても、手続きは行われます。


③ 手続き完了
※有効な遺言書であれば、家庭裁判所の検認完了の証明書と一緒にとじられた遺言書を使用し、相続手続きを進めることができます。
逆に、検認の手続きを受けたとしても、遺言書に日付や署名が無かったりして法的に無効な遺言書であった場合は、遺産分割協議を一から始めなくてはいけません。



公正証書遺言の場合は・・・

家庭裁判所の検認手続きは必要ありません。
相続人全員の合意も不要ですので、相続手続きをすぐに行うことができます。


※但し、遺言の内容によっては、遺言執行者の選任手続きをしなければならない場合もあります。