カテゴリ:相続の手続き >遺産の調査方法

遺産の調査方法

 相続財産を調査するときは、負債を含めた相続財産を調査しましょう。
まずは、被相続人の持ち物を整理しながら、全部調べましょう。

具体的には、以下のような財産を調査します。


<相続の対象となる財産の範囲>

●不動産・・土地、家屋、農地、山等
●動産・・・現金、預貯金、自動車、家具、美術品、宝石等
●債権・・・借地権、借家権、貸金債権、売掛金債権、有価証券、退職金、生命保険請求権等
●その他・・特許権、著作権、裁判上の損害賠償権、ゴルフ会員権、自社株
●債務・・・借入金、損害賠償、住宅ローンの残債務等


相続財産の調査方法

<不動産>

被相続人の土地、建物の管轄法務局で不動産登記簿謄本を取得します。
土地と建物は別々の不動産ですので、両方とも取得しましょう。登記簿謄本では、被相続人がその不動産のどんな権利を持ち、どのぐらい価値 があるのかを調査します。


<預貯金>

被相続人名義の通帳が発見されたら、銀行などの窓口に行き残高を聞きましょう。
その際は、その銀行などに事前に問い合わせ、必要書類を確認しておきましょう。(戸籍謄本や、身分証明書の必要な銀行もあります。)


<生命保険金>

保険金の受取人が誰になっているかによって、相続財産になるかならないかが決まります。保険金の受取人が被相続人なら、相続財産になります。保険金の受取人が他の人なら、相続財産ではありません。