カテゴリ:相続の基礎知識 >寄与分について

寄与分について

 寄与分とは、故人(被相続人)に対して特別に貢献した相続人に、認められる権利のことです。(寄与分を主張できるのは相続人のみです。)


共同相続人が、被相続人の事業に関する労務の提供又は、財産上の給付、被相続人の療養看護、その他の方法により被相続人の財産の維持又は増加につき、特別な寄与をした場合認められます。


寄与分の決め方

 寄与分は相続人全員で協議して決めることになっています。
ただし、被相続人に対して、どのくらい寄与したかということは、各相続人によっても受け取り方は大きく違います。よって、相続人全員の協議を何度重ねても成立しない場合は、最終的に家庭裁判所に寄与分を定める審判等を申し立てます。


<具体的相続分の算出>

①相続開始時の財産から寄与分を差し引き、それをみなし財産とします。
②みなし財産を共同相続人で分割します。
③寄与分を有する人の相続分に寄与分を加算します。


<寄与分を認められない人はどんな人?>

・相続人でない親族や、知人又は長男の嫁が、被相続人に対して貢献してきたとしても、寄与分は認められません。
・相続欠格者や排除された相続人
・相続放棄者
・その他、相続人であっても、特別な寄与と認められないと寄与分は認められません。(例えば通常の扶養や、夫婦、親子として通常の範囲内での介護や看護など)