カテゴリ:遺言 >公正証書遺言

公正証書遺言

 公正証書遺言は、現時点では、一番、安全確実な遺言です。


○ 他人からの強迫などによって遺言書を書かされるのを防ぐことができます。
○ 公証役場にいる公証人という専門家が内容をチェックしてくれる為、内容の不明などの理由で無効になってしまう恐れがありません。
○ 原本が公証役場に保管されますので、失くしてしまったり、破棄してしまったり偽造、隠匿される恐れがありません。 (保管期間は20年間または、遺言者が100歳に達するまでの、どちらか長い年数です。)
○ 著名ができれば作成することができます。
○ 家庭裁判所で検認する必要がありません。


公正証書遺言の作成方法

1,遺産のリスト、不動産の地番、家屋番号などの必要資料をそろえましょう
※まずは財産を把握して、分配案を整理しておきます。


2,証人を2人選びましょう
※公正証書遺言では2人以上の証人の立会いが必要となります。
証人になれない人は・・・
・未成年者
・推定相続人、受遺者とその配偶者、直径血族
・公証人の配偶者、四親等内の親族、書記、雇人 です。


3,公証役場に依頼しましょう
※財産の把握などで遺言書の内容と、証人が決定したら(住所と氏名)公証役場に行きます。 全国どこの公証役場でも大丈夫です。この時点では証人の同行は必要ありません。


4,必要書類の準備をしましょう
※遺言者の印鑑証明書、戸籍謄本、受遺者の戸籍謄本、住民票、証人になる人の住民票、その他財産の特定のための固定資産評価証明や不動産の登記簿謄本等です。(そろえる書類は公証人に確認しましょう。)


5,公証役場にて、公正証書に署名
①2人以上の証人と同行し、遺言者が公証役場に出向きます。
(遺言者が入院中や高齢の為、公証役場に行ことが困難な場合は公証人に家や病院まで出張してもらうことができます。)

    ↓

②証人の立会いのもと、遺言者は遺言の趣旨を公証人に口述します。
(言語機能の障害のある方は通訳又は筆談によって行います。)

    ↓

③遺言者が口述した内容を公証人が記録し、今度はその記録した文章を遺言者と証人に読み聞かたりして確認を求めます。

    ↓

④遺言者と証人は内容を確認し、署名・捺印します。

    ↓

⑤公証人は公正証書遺言の形式に従って作成した旨を記載し、署名・捺印します。


遺産総額 手数料
100万円まで 16,000円
200万円まで 18,000円
500万円まで 22,000円
1,000万円まで 28,000円
3,000万円まで 34,000円
5,000万円まで 40,000円
1億円まで 43,000円
3億円まで、5,000万円ごとに13,000円加算
10億円まで、5,000万円ごとに11,000円加算
10億円越は、5,000万円ごとに8,000円加算

※この他、公正証書遺言の正本謄本代がかかります。
また、公証人が出張によって作成した場合この手数料の50%と、日当や交通費も加算されます。