カテゴリ:相続の基礎知識 >単純承認

単純承認

 単純承認とは、被相続人(故人)の財産と債務を、無制限に相続することです。

単純承認した場合には、被相続人の権利義務をすべて引き継ぐことになりますので、マイナスの財産であっても相続分の割合に応じて責任を負うことになるのです。

 

たとえ、どんなに被相続人に借金があっても、以下の3つの場合には、法定単純承認といって、法律上、当然に単純承認したことになってしまいます。


単純承認したことになる場合

①相続人が相続財産の全部、又は一部を処分したとき。


②相続人が3ヶ月の期間内に限定承認、または相続放棄をしなかったとき。


③相続人が限定承認、または相続放棄した後でも、相続財産の全部もしくは一部の隠匿、消費、悪意でこれを財産目録中に記載しなかった場合。