カテゴリ:相続対策 >相続税のしくみ

相続税のしくみ

 相続税とは、死亡した人の財産を相続や、遺贈(*1)死因贈与(*2)により取得した場合に、取得した財産の価額を課税標準として課税される税金のことです。

 

*1 遺贈・・・・遺言により無償で他人(受遺者)に財産を与える行為で、受遺者は相続人を含めて誰でもなれます。

*2 死因贈与・・「自分が死んだら、この土地を○○に贈与する」という約束で、贈与する人の死亡によって効力が発生する贈与契約をすることです。財産をもらえるのは第三者でもよいです。


相続税がかかる財産は?

 相続財産には相続税の課税の対象となる財産と対象とならない財産があります。
課税の対象となる財産は、被相続人が亡くなるまでに所有していた、土地、母屋、事業用財産、有価証券、預貯金、家具、自動車などの財産です。
それでは具体的な相続税の課税価格の計算方法をみていきましょう。

 

<課税価格の計算方法>

【①本来の相続財産】+【②みなし相続財産】-【③非課税財産】-【④債務・葬式費用】+【⑤※相続開始前3年以内の贈与財産】+【⑥※相続時精算課税制度を適用した贈与財産】 =【相続税の課税価格】


課税価格の計算方法

★ただし課税価格から、基礎控除が差し引かれますので、基礎控除以下であれば相続税はかかりません。



【①本来の相続財産】とは・・土地、家屋、有価証券、預貯金など相続、遺贈、死因贈与により取得した一切の財産


【②みなし相続財産】とは・・死亡保険金、死亡退職金、生命保険契約に関する権利など


【③非課税財産】とは・・ 墓地、墓石、仏壇など...その財産の性質や公益的な配慮などの理由から、相続税を課税しないとされているものがあります。


【④債務・葬式費用】とは・・ 被相続人の「債務」や被相続人に係る「葬式費用」は、それを負担する相続人が、相続や遺贈により取得した財産の価格から差し引くことができます。


【⑤相続開始前3年以内の贈与財産】とは・・相続開始前3年以内の贈与は相続財産に加算され相続税が計算されます。しかし、贈与により課税された贈与税は相続税から控除されますので、二重課税はありません。


【⑥相続時精算課税制度を適用した贈与財産】とは・・贈与税の負担を少なくして生前贈与ができる制度のことす。